セサミンの知られざるパワー

ゴマリグナン類(セサミン)で更年期障害対策

年齢を重ねることで症状が現れる更年期障害。
目眩や急激発汗など、とてもつらい症状が現れる障害として知られています。
この更年期障害の対策として、ゴマリグナン類(セサミン)が有効であることをご存知でしょうか。
ゴマリグナン類(セサミン)は、アンチエイジングや美肌効果ばかりではなく、女性特有の病気にも効果を発揮してくれる優れた成分です。
今回は、強力なゴマリグナン類(セサミン)による「更年期障害対策」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

生態維持機能の補助による更年期障害対策

エストロゲンが更年期障害の要因と考えられる理由として、「生態維持の機能も担っているから」と考えられています。
エストロゲンが生殖(妊娠や出産、生理現象)に関係している事は有名な話ですが、それ以外にも、自律神経のバランスを保つ機能や、理想的な血流を保つ為の機能も担っているのです。
エストロゲンの減少によって、これらの働きが弱くなってしまう事も、更年期障害の原因になると考えられています。
具体的には、エストロゲンの分泌量が減少すると、呼吸や発汗、血流などの基本的な生体機能が正しく働かなくなることで、急な発汗やめまいなどの症状が起こる原因になると言われています。

このような生態維持機能の補助として、医療の現場では「エストロゲン」を投与する治療が進められており、不足したエストロゲンを補う事で解決を期待します。
植物性エストロゲンの研究が、医療の現場でも期待されている理由はここにあります。
ゴマリグナンを摂取することで「植物性エストロゲン」を体内に取り込み、エストロゲンの減少を補う行為は、理にかなった行為であると考えられているからです。

良好な自律神経状態で更年期障害対策

ゴマリグナン類には、自律神経の働きを活性化させる効果があり、それによって更年期障害の症状を抑制する効果が得られると期待されています。
ゴマリグナン類の摂取によって、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが良い方向に傾き、更年期障害の主な症状と言われる「ほてり」や「のぼせ」、「冷え」や「むくみ」の解消に繋がると考えられています。

自律神経のバランス対策は、更年期障害だけではなく鬱などの症状にも効果を発揮すると言われており、ゴマリグナン類の効果・効能の多様さも注目されています。

つらい更年期障害対策・予防にセサミンを

大切なエストロゲンを補ってくれるゴマリグナン類。
その代表的な成分として「セサミン」が、多くのメディアや書籍で紹介されています。
実際に効果を実感した方々からの体験談も紹介されており、その信憑性は高いと考えられています。

避けては通れない更年期障害。
それを少しでも、「遅く」「楽に」できるのであれば、対策しない手はありません。
毎日のセサミンで更年期障害対策を始めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る